最新情報(ニュース)

 

お問合せはこちら

 

お急ぎの方はこちら

 

090-2110-0396

 

 

加盟団体

関西ゴルフ会員権取引業協同組合


大阪司法書士協同組合特約店


大阪商工会議所

 

 

ゴルフ会員権情報誌ACE

トップページ

 

ゴルフ場運営アコーディア・ゴルフ

投資ファンドが買収

投資ファンドのMBKパートナーズは29日、ゴルフ場運営の

アコーディア・ゴルフを約1500億円で買収すると発表した。

TOB(株式公開買い付け)により完全子会社にする。

人口減少でゴルフ場を取り巻く収益環境の悪化が予想される

なか、アコーディアはファンド傘下で成長投資を加速し生き残り

を目指す。

MBKによる買い取り価格は1株当たり1210円。過去6カ月間

の株価の平均に対して12%の上乗せとなる。

アコーディアの借り入れ(636億円)を含めた買収総額は1489

億円となる。

TOB期間は30日から来年1月18日まで。来春にも上場廃止

となる見込み。MBKは取締役の過半数を派遣する。

旧村上ファンドの村上世彰元代表が関係する投資会社のレノ

(東京・渋谷)などアコーディアの大株主も、すでにMBKとTOB

に応募する契約を結んでいる。

アコーディアは全国約2400のゴルフ場のうち135コースを運

営する最大手。ここ数年は利用者数、業績とも伸び悩んでいる。

体力が残る今のうちに非上場化することで、これまで配当など

の株主還元に充てていた資金を成長投資に振り向ける。

田代祐子社長は「老朽化した設備を更新し、女性など新たな

顧客を呼び込みたい」としている。

【日経経済新聞HPより】

このページのTOPへ